新型コロナウイルスについてどれくらい知っていますか?

緊急事態宣言が発令され外出自粛が余儀なくされ、”おうち時間”が増える中で、皆さんはどのくらい新型コロナウイルスについて知っていますか?

正しい知識がないまま、「外出は危険だ」「感染したらヤバイ」など言っていませんか。

今回は新型コロナウイルスについて正しい知識を身につけて、正しい感染対策をしていきましょう。

新型コロナウイルスってどんなウイルス?

ここではざっくりとした説明になるのですが、新型コロナウイルスはコロナウイルスの一種であり、主に呼吸器系に炎症を起こすウイルスです。

ウイルス自体は、自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。

粘膜などの細胞に付着して入り込んできますが、健康な皮膚には入り込むことはできないと言われています。そのため手洗いをすることで、手についたウイルスを洗い流すことができ、感染防止になると言うわけです。

新型コロナウイルスにはどのように感染しますか?

飛沫感染、接触感染で感染すると言われています。閉鎖的な空間で、多くの人と会話する環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

無症状病原体保有者から感染しますか?

一般的に、肺炎などのウイルスの場合、症状が最も強く現れる時期に、他者へのウイルス感染の可能性が上がります。

一方で、無症状の状態でも他者に感染する可能性はあると専門家は研究結果を残しています。

したがって、人との距離を保ち、手洗いうがい・アルコール消毒を日頃から心がけることが感染防止につながります。

新型コロナウイルスはペットからでも感染する?

今のところ、ペットから人への感染は確認されておりません。

しかし、新型コロナウイルスへのワクチンができていない以上、安心してはいけません。過度な接触の後には、アルコール消毒などを徹底しましょう。

感染者の糞便から感染することがありますか

まだ、詳しいところは確認されておりません。

念の為、新型コロナウイルスの疑いがある方、新型コロナウイルス患者または濃厚接触者が使用した後のトイレは、次亜塩素酸ナトリウムかアルコールで清掃を行ってください。

感染者が見つかった場所から送られてくる手紙や輸入食品などの荷物により感染しますか

今のところ、感染者が見つかった地域から送られてきた配送物に接触することで、感染したというケースは確認されておりません。

新型コロナウイルスは、手紙や荷物のような物での表面では長時間生き残ることができないとしています。

食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染することはありますか

新型コロナウイルスの感染経路は、飛沫感染、接触感染であると考えられます。

今のところ、食品を介して新型コロナウイルスに感染した事例はございません。

しかし、食事や食器の配膳の際、不特定多数の人と接触する可能性があるので、そこから感染する可能性は考えられます。

新型コロナウイルス感染症で治療を受けた場合、治癒したと判断されるのはどういう場合ですか。また、新型コロナウイルスに効く薬はまだないのに、どうして治癒するのでしょうか

発熱や咳などの症状が消滅し、体内から新型コロナウイルスが検出されなければ「治癒した」と判断しています。

新型コロナウイルスに対するワクチンはまだ開発されておらず、発熱や咳を抑える治療を主に行っています。体をより健康状態に戻すサポートをしながら、この間ウイルスに対する抗体が作られるようになり、ウイルスが排除されて治癒に至ると考えられます。

アビガンという薬が新型コロナウイルス感染症に効くとの報道がありました。どこで処方してもらえますか

現在、既存の薬で新型コロナウイルスの治癒に応用できる可能性があり、治癒力と安全性を検証するために臨床実験が行われています。その一つが「アビガン」です。

アビガンは元々、タミフルが効かない新型インフルエンザへの特効薬として開発されていたものです。

新型コロナウイルスにもアビガンは有効的とされていますが、アビガンには副作用もあります。

それは、男女共に内服した際に胎児に悪影響を及ぼす可能性があるとされています。

ですので、アビガンを勝手に投与されることはなく、あくまで臨床実験の参加に同意した患者にのみ投与されているようです。

まとめ

新型コロナウイルスに対する質問集を意識してまとめてみました。

少しでも新型コロナウイルスに対する知識つけて、最前線で戦っている医療従事者の方々への感謝を忘れず、責任ある行動を国民一人一人がとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください