モテる男性のトークテクニック【3ヶ月でカフェの店員をデート誘い出す方法】

【モテる】って人生において重要なことですよね?

モテるためにオシャレしたり、痩せたり、化粧したり…言い出したらキリがないくらいモテるために行動してますよね!

モテるためというより、異性(好きな人、気になる人、恋人)に自分をよく見せたいという感んじですかね?

今回は非リア充の方向けのコンテンツです!特に男子!3ヶ月でカフェの店員をデートに誘うトークテクニックを教えていきます!

Step1.当たり障りのない会話から感情を動かす会話に切り込む

ここが一番勇気がいるところですが、これを乗り越えればあなたにもチャンスは訪れます!

まずは何気ない会話をしましょう!もちろん、店員の方から話しかけてくることはイケメンでない限り望めないので頑張ってこちらから話しかけましょう!

例えば「ここのコーヒー美味しいですよね!」とか「オシャレなお店ですね」など!そこから「お姉さんはコーヒーお好きなんですか?」や「てかお名前なんていうんですか?」など少し切り込みましょう!

ある研究では質問が多い人は質問が少ない人に比べて印象が良くなるという結果が出ているそうです!なので少しでも気になる子がいたり、彼女が欲しいのならばガンガン声をかけましょう!

Step2.自己開示

お目当の店員さんがいる店に通い始めて2週間目!この頃になると自然と話せるような環境になっていることが重要です!この時点でぎこちなかったり、距離を置かれているような感じがしたら諦めましょう!

しつこい男は嫌われます!潔く諦めるのも大切なことです!

Step1をクリアして店員さんとも自然と会話できるようになれば次のStepです!ここでは自己開示をしていきましょう!

例えば「何の仕事されてるんですか?」とか「いつもパソコンで何されてるんですか?」などの質問が来た時は全てをさらけ出しましょう!

そこで「個人情報なので」や「まぁいろいろ…」と言ってしまったらここまでの努力は水の泡です!質問されているということは少なからず興味を持ってもらっているということなので普通に答えましょう!

Step3.第三者を褒める

お目当の店員さんがいる店に通い始めて1ヶ月目!ここでは話していて相手にメリットを与えられるかが問われます!イケメンってだけでメリットを与えられるのでイケメン有利ですが、そんなことを言っても仕方ありません!

ここでのテクニックは「第三者を褒める」ことです!相手でも自分でもない第三者を褒めると、褒められているのが自分のことのように感じる心理効果があります!これを「自発的特性転移」と言います!

例えば「ここのケーキ美味しいですね。店長の手作りですか?店長すごいなぁ」など第三者を褒めて話を盛り上げましょう!

ここでの注意点はディスらないことです!今までの好感度が一気に下がるので気をつけましょう!

Step4.さらに踏み込んだ個人的な会話をすること

お目当の店員さんがいる店に通い始めて2ヶ月目!自己開示が終わったらこちらからも相手の内面に触れる質問をしていきましょう!繰り返しになりますが、個人的な会話と質問が多いことだけを意識してください!

例えば「休みの日は何してるの?」や「どんな映画見ますか?」など!相手が話したことについて質問するのが良いです!質問の答えによってはそのまま映画に誘うのもいいでしょう!

ここまできたら相手も自分と話していて楽しいと思ってくれているはずです!

Step5.軽いボディータッチ(デート)

ここで告白しよう!とかではなくお互いに楽しむことが大切です!必ず守って欲しいことは「いやらしさ」を出さないことです!

3ヶ月も会っていると人は親近感を覚えるので容姿以外の内面を見始めます!ここまでくれば、イケメンだろうとそうじゃなかろうと関係ありません!なので思い切ってデートに誘いましょう!まず断られることはないでしょう!

そして最後は軽いボディータッチです!本当に軽くですよ!肩がぶつかる程度で…

これを成功させれば親密度はアップし、次回のデートにも誘いやすくなります!そうなれば自分の彼女になる日も近いでしょう!

まとめ

最後にStep1〜5を通してのポイントとして「まじ可愛い」「付き合いたい」などオタク的な発言はしないでください!女性はそのような行動が一番嫌いです!

「ヤベェ可愛い」と思いながらもStep1〜5の行動を行ってください!

「女性と喋る機会がない…」という方は行動が足りないのです!まずは清潔感のある格好をして外出しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください