正しく紫外線対策できていますか?そのままでは日焼けしちゃいます!

みなさん!正しい方法で紫外線対策できていますか?

「日焼け止めを塗っているから大丈夫」「日傘をさしているから大丈夫」「サングラスかけてるから大丈夫」だと思っていませんか?

・その日焼け止めの塗り方正しいですか?
・その日傘で大丈夫ですか?
・そのサングラスで大丈夫ですか?

今回は、意外と知らない紫外線対策についてまとめてみました!

照り返しの紫外線に気をつけろ!

紫外線は地面に反射して私たちを襲ってきます!

上からの紫外線だけを守っていても意味がありません!

顔や腕は守れても、足はこんがり焼かれてしまいます!

そういう時は紫外線の照り返しの少ない地面を選びましょう!

「土」「水」「アスファルト」「砂」
の中で一番紫外線を照り返す地面はどれだと思いますか?

アスファルトが一番熱を持っていそうなので、紫外線もアスファルトだと思いますよね?

でも違うんです!

一番紫外線を照り返すのは、、、「砂」なんです!

その次が「水」です!

なので、海に行って焼けてしまうのはこういう原因もあったのです!

ちなみに一番紫外線の照り返しがないのは「土」なので、意識して歩くと紫外線対策になります!

正しい日焼け止めの塗り方!選び方!

しかし地面ばっかり気にしていたら目的地につきませんよね!

そこで日焼け防止の必須アイテムが「日焼け止め」ですよね!

最近では塗るタイプ、スプレータイプ、リキッドタイプと様々なタイプが出ていますが、どれが一番日焼け対策に良いのでしょうか?

塗るタイプの場合は、手のひらで顔に塗っては効果が半減してしまいます!顔に塗る場合は、日焼け止めを指先に出し、指先で丁寧に伸ばしていきましょう!

手のひらで伸ばしてしまうと、ムラができるため効果が半減なので注意!

一番おすすめは「スプレータイプ」です!

化粧の上から吹きかけることもできるし、頭皮にもかけることができます!持続時間は短いかもしれませんが、こまめに吹きかければ問題ありません!

知らないうちに日焼けしているのが頭皮です!そこを守ることができるのはスプレータイプの強みですね!

↓おすすめの日焼け止めはこちら↓

日傘の色で紫外線の遮断率は変わる!

日焼けでめしても紫外線が気になる方には「日傘」です!

しかし、日傘は色によって紫外線の遮断率が変わるのをご存知ですか?

今、みなさんが使っている日傘は何色ですか?

一番紫外線を遮断する日傘の色は「黒」です!

紫外線を吸収してくれる黒色が日傘にとってはベストチョイスです!

外側だけでなく内側も黒だと効果は上がります!

↓おすすめの日傘はこちら↓

目からも日焼けする!

日焼け止めも塗って、日傘もさして日焼け対策バッチリ!と思っていませんか?

実は目からも日焼けするんです!

目が紫外線を吸収して脳にメラニン色素を増やすよう命令してしまうのです!

そこで大切なのが「サングラス」です!

サングラス選びにもポイントがあるのでご紹介します!

一番紫外線を遮断するサングラスは透明!

サングラスで思い浮かぶのが「黒」ですよね!

しかし黒いサングラスよりも透明のサングラス(UVカット)の方が紫外線の遮断率は良くなります!

その理由が、黒いサングラスをかけると瞳孔が開きます!瞳孔が開くことによって目の黒い面積が大きくなるため、その分紫外線を吸収してしまうということです!

ファッションとして黒いサングラスをかけるのは良いことですが、紫外線が気になる方は、透明なサングラス(UVカット)を選びましょう!

↓おすすめのサングラスはこちら↓

まとめ

・歩くときは「土」の地面
・日焼け止めはスプレータイプ
・日傘は黒
・サングラスは透明

これを意識すれば今年の夏は怖いもの無し!
紫外線に怯えて生活するのは今日でおしまい!

白い肌を守り夏を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください