【流行語大賞2017】「インスタ映え」と「忖度」に決定!「インスタ映え」の影に潜む悪魔!

どうも!たくちゃんです( ͡° ͜ʖ ͡°)

2017年12月1日に流行語大賞が発表されました!

大賞に選ばれたのが、「インスタ映え」と「忖度」です!

候補には「35億」や「フェイクニュース」などが受賞されましたが、確かに「インスタ映え」はこの1年で最も流行った言葉だと思います!

しかし、「インスタ映え」の裏側は想像を絶するような光景が広がっていることをご存知ですか?

今回は、流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」の裏側の実態をまとめてみました!

そもそも「インスタ映え」とは?

SNSの「Instagram(インスタグラム)」に投稿した写真や被写体がおしゃれに見えたり、見映えすること。「インスタグラム」と「写真映え」を掛け合わせた造語。

簡単にいうと、インスタグラムに投稿されているオシャレな写真のことです!

最近の若者は「インスタ映え」するところを探してカフェ巡りをしたり、旅行先を決めたりしているそうです!

“インスタ映え=オシャレ”という概念なので、友達よりインスタ映えするカフェに行ったり、インスタ映えするような写真の撮り方を勉強したりする子も増えているそうです!

また、カフェや旅行会社もインスタ映えするようなメニューや旅行プランを提供して顧客アップを狙っているようです!

インスタ映え?インスタバエ?

最近ネットで話題なのが、「インスタバエ」です!

インスタバエとは、「インスタ映え」とハエを掛け合わせた造語で、インスタ用のオシャレな写真を撮ろうと躍起になる若者を比喩した言葉です!

要するに、嫌味ですw

インスタバエの生態

①インスタグラムでは周囲の評価を気にするのに、写真を撮る時は周りを気にしない

②パンケーキや綿菓子、電球ソーダなどに群がる

③生息地:ナイトプール

インスタバエには恐ろしい裏の顔があります!

それは「食べ物を粗末にすることです!」

食べ物を粗末に扱う

インスタ映えするカフェやスポットに行き、写真を撮ることは問題ないのですが、食べ物を撮影する際にこの問題が起きます!

ソフトクリームやパンケーキなど見映えするものを撮影しようと注文!

→注文の品が届き、撮影タイム!(目的達成)

→1人1品頼んでいるため量が多い!

→食べ残し!ゴミ箱に捨てる!

このような最低な行為を平気で行なっている人が大勢いることは事実です!

以前、マツコ・デラックスさんが出演する番組で「インスタバエ」について特集されていた際、マツコさんがこのようなことをおっしゃっていました!

「可愛いインスタあげても、お前はブスなんだからな」

マツコさんだから言えることですが、さすがだと思いました!

最近の若者は、SNSの評価ばかり気にする人が多いようなので、ネットにとらわれず現実を生きて欲しいと思いました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

流行語大賞に選ばれた「インスタ映え」の裏側には、モラルがない若者がたくさん存在していました!

インスタ映えすることは悪くありませんし、写真を撮ることも悪くありません!

ただ、モラルを持って行動して欲しいと思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください