Animoji(アニ文字)は流行らない!?理由はLINEでの利用が不可能だから!

どうも!たくちゃんですヽ(´▽`)/

iPhone Xに搭載されている目玉機能Face ID(顔認証機能)は、赤外線で顔を読み取り、iPhoneを顔認証でロック解除することができます。

そしてこのFace IDを利用して発表されたのがアニ文字です!

アニ文字とは、ユーザーの顔の動きを読み取り、アニメーションに変換する機能のことです!

これを使えば、アニメのキャラを介して自分の表情を伝えることができます。

今までは文字や声だけでしたが、これにより表情も相手に伝えることができるようになりました。

では今後”アニ文字”は普及するのでしょうか?

アニ文字は流行るのか?

結論から言うと、流行らないと思います。

理由は、iPhone Xでしか使えないからです!

顔認証機能が搭載されているのはiPhone Xだけなので、iPhone X同士でしか使うことができません。

それなのに、iPhone Xの価格は過去最高の10万円越えです!

若者が利用するであろう機能なのに、若者が手を出しにくい価格になってしまったことが流行らない理由です!

もう1つの理由は、LINEで利用ができないからです!

現在はメッセージアプリのみの機能なのでそこまで流行らないでしょう!

流行はいつの時代も若者が作り上げてきました!
その若者が当たり前のように使うLINEで使用できなければ意味がありません!

しかし今後、顔認証機能が当たり前に慣ればアニ文字は流行ると思います!

あくまで現時点では爆発的な人気は出ないでしょう!

アニ文字の使い道

普段は文字や顔文字、音声で意思疎通を行なっていますが、アニ文字の普及によりどんなことが可能になったのでしょうか?

  1. 同じ言葉でも表情1つで伝わり方が変わる
  2. 表情が確認できるので、意思疎通がしやすい
  3. アニメーションを介しているのですっぴんでも大丈夫
  4. 面と向かって言えないこともアニ文字を使えば伝えられる

などいろんな使い道がありそうです。

まとめ

今後、顔認証だけでなく体全体を認証することで自分だけのアニメーションをiPhone1つで作ることが可能になるかもしれませんね←私の妄想w

iPhoneはこの10年ですごい進化の連続でした!

今後も私たちの期待を良い意味で裏切って欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください