レジが無くなる!?Amazonがスーパー業界を脅かす!「Amazon Go」のシステムを徹底解剖!

どうも!たくちゃん(@BeeMvti)です!

前回は「1万円札が無くなる!?」という記事を書きました↓↓

1万円札が消える!?仮想通貨は危険?では紙幣が安全という保証はあるのだろうか?

それと関係あるのですが、アメリカでは「Amazon Go」という店舗ができました!

Amazon Go?ポケモン Goみたいですねw

Amazon GOとはなんなのか?またその仕組みや今後の可能性もまとめて紹介します!

Amazon Goとは

ワシントン州シアトルにオープンしたAmazonが運営するレジなし型の食料品店のことです!

レジなし型?思って方も多いのでは無いでしょうか?

日本にあるようなセルフレジなどとは違い、レジが1つもありません!

一言で言うなら、「欲しい商品を持って店を出るだけ」です!

それって窃盗?

そう思うのも無理ありません!

日本では導入されておらず、Amazonですらプロトタイプなので今後の展開に期待です!

では、「Amazon Go」はどういう仕組みでレジなしを実現させているのか?

Amazon Goの仕組み

まずはこちらの動画をご覧ください!

  1.  専用のアプリをダウンロードし、入店用のバーコードを取得!
  2. そのバーコードをかざして入店します!
  3. そして買い物です!欲しいものを棚から持ち上げるだけで、アプリのカートへ自動的に追加されます!
  4. 商品を棚に戻すとアプリのカートから自動的に削除されます!
  5. あとは、入店時に通ったゲートから出るだけ!

たったこれだけで商品をレジも通らず、財布も出さずに買い物終了です!
レシートはアプリ内で確認することができます!

でもどうやってレジを無くすシステムを実現できたのでしょうか?

Amazonの特許内容からの憶測ですが解説していきます!

まず、入店時はバーコードをスキャンして入場!それと同時にカメラで入場者を確認します!これにより、入場者の行動を監視すると同時に万引き防止にもつながります!

次に、棚から商品を取る・戻すの認識についてですが、棚から商品を選択した際にカメラが商品のパッケージを認識し商品を特定します!また同時に、「ユーザーの手」も認識するようです!これにより、どういうユーザーがどの商品を手に取ったのか・戻したのかがわかります!

さらに、マイクや赤外線、重量など多くのセンサーが配置されており、商品の数や移動をトラッキングしています。

最後は入場ゲートから出れば、Amazonのアカウントから購入した商品の分だけ引き落とされます!

まとめ

今はまだ「Amazon Go」を知らない方も多く、レジがない店舗を信用するのは難しい時代かもしれません!

しかし、キャッシュレス化が進んでいるように、着実に時代は進んでいます。

今後、日本に「Amazon Go」のようなレジなし食料店ができた際には、それに適応できるよう柔軟な考え方をお持ちになってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください