ネム(NEM/XEM)のカタパルトが実装間近!?カタパルトが凄すぎる!実装されれば高騰間違いなし!

どうも!たくちゃんです╰(*´︶`*)╯

仮想通貨への投資を最近始めた方や、仮想通貨の存在を最近知った方は、どの銘柄に投資すればいいのかわからないですよね!?

私も始めたばかりは、何もわからなかったので日本でも人気のネム(XEM)に投資することに決めました!

何種類もある中で、なぜネム(XEM)に投資したのか?

その理由の1つが、カタパルト(Catapult)です!

今回は、カタパルトの説明とネムの概要についてまとめてみました!
これから仮想通貨を勉強する人は要チェックです!

ネム(NEM/XEM)とは

ネム(NEM)とは、低コストで独自のシステムを持ち、セキュリティの高い次世代の仮想通貨です!ビットコインの悪いところを改良した次世代の仮想通貨「ビットコイン2.0+」という位置づけをされています。

概要

金銭的な自由、分散化、平等、及び連帯感の原則に基づいて、新しい経済圏の創出を目標として始まった仮想通貨のプロジェクトです。

総発行数は「8,999,999,999XEM
仮想通貨の単位は「XEM(ゼム)

ビットコインや他の仮想通貨では「マイニング」という言葉を使用しますが、ネムでは「ハーベスト」と言います。

Pol(Proof-of-importance)プルーフ・オブ・インポータンス

通常、仮想通貨をマイニングするためにはハイスペックのパソコンやエネルギーが必要となってきます。

そのため、マイニングできるのは必然的にお金持ちしかいません!

しかし、ネムは違います。
ネムはPolを採用しているため、皆さんが使っているパソコンでもハーベストができます。

これはネムが、資産を再分配するためです。
今の世界はお金持ちにしかお金が集まりません。
そんな経済を再構築するために始まったプロジェクトが「ネム」です!
ですので、Polを採用し誰でもハーベストができるようにしているのです!

セキュリティの高さ

セキュリティを強化しているのが「EigenTrust++」を採用しているからです。

このアルゴリズムを採用することで、ネットワークのセキュリティが大幅に強化されます。

具体的には、スパムなどを見つけてシャットダウンしてくれるそうです。

ハーベスト

ネムにはマイニング作業がない代わりに「ハーベスト」があります。

ハーベストとは、簡単に言うと、10,000XEM保有していればタダでXEMがもらえるシステムのことです。

本当はもっと複雑なのですが、認識としてはこれで十分です!

 

以上がネムの紹介でしたが、ネムに興味を持ち始めたのではないでしょうか?
しかしこれだけでは、イーサリアムやリップルでもいいのでは?と思う方もいるでしょう。

そこで紹介したいのが「カタパルト」です。

カタパルトとは

「テックビューロ社」と「XEMのコアデベロッパ」が共同で開発している「mijinプラットフォーム」に改良を加えて、より進化したプラットフォームを作り出すプロジェクトです。

コアデベロッパ
→プロジェクトのキーパーソンとなる開発者

mijinプラットフォーム
→ブロックチェーン技術を誰もが簡単に利用できるよう開発された汎用プラットフォーム

カタパルトを簡単に言えば、「mijinプラットフォーム」をグレードアップさせてNEMをより大きく成長されるアップデートのことです。

その前に、「mijinプラットフォーム」って何!?

mijinとは

mijin(ミジン)とは、プライベートブロックチェーンを構築するためのプラットフォームのことです。

具体的には、計算処理や決済、財産管理、情報管理、契約執行などに用いられ、既存の開発コストとインフラコストを大幅に削減することができます。

簡単に言うと、mijinプラットフォームだけでお金の管理や情報の管理などができると言うことです。

mijinをよりわかりやすく説明している動画があります↓

これが銀行などで活用されれば、印鑑や通帳は必要なくなり、自分を証明するものさえあればお金の出し入れや買い物の支払いなどが簡単に行えてしまうのです。
要は、今までの常識を覆すほどのシステムということです。

それを修正・改良するのが「カタパルト」です!

なんとなく「カタパルト」の凄さがわかってきたのではないでしょうか。
では、具体的にどのように変化流のでしょうか?

カタパルトの処理速度が早すぎる

一番注目されているのが「処理速度」です!

実験の結果、毎秒4000件以上の取引の処理が行えます。

これだけ聞いてもピンとこない方のために、他の仮想通貨と比べてみました!

ビットコイン…毎秒7~14件
イーサリアム…毎秒15件
リップル…毎秒1000件
ネム…毎秒4000件

リップルでも処理速度が早いと言われていたのに、その4倍の処理速度を持つネムは今後必ず高騰すると言っても過言ではありません!

さらに付け加えると、世界一処理能力と言われているVISAカード!
そのVISAカードのシステムでも「毎秒4000~6000件」の処理能力です。

ネムが世界一の処理能力を手に入れる日も近いでしょう!

カタパルトの実装はいつ?

みなさんの予想では、2017年9月に実装される予定でしたが、
私の予想は2018年になってからだと思います!

カタパルトの開発実験は最終段階に入っていると思います!
まずはmijinプラットフォームにカタパルトが実装された後、
ネムにも実装されるでしょう!

ということは、2018年にはネムの価格は爆発的に上昇するでしょう!

カタパルト実装でネムの価格はどこまで高騰するのか?

こればかりは誰にも想像がつかないと思いますが、100円は軽く超えてくると思います!

現在(2017年9月)では、30円付近を上下している今が最後の買い時かもしれません。

もし、今30万円でNEMを購入したら、来年には100万円になっているかも!

億万長者とまではいかないですが、価格が上がる材料がこれだけ揃っています!

今は金利もつかない時代、少しでも仮想通貨に投資してみてはどうでしょうか?

世界が変わるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください