イーサリアム(ETH)が再熱!4万円超える勢いを追いかけるべきか!?

どうも!たくちゃんです!

今、イーサリアムが再熱していることはご存知ですか?

一時期は2万円までに低下していたイーサリアムがなぜまた高騰したのでしょうか?
それにはみなさんの期待値が高まっている理由があったのです!

イーサリアム(ETH)の高騰の理由

最初にイーサリアムが高騰したのは5月〜6月ごろ!

¥800(2017/2)から¥46000(2017/6)まで高騰しました!

約57倍!

もし100万円投資していたら、5700万円になっていたということです!

これを知った時は、本当に億万長者になれると思いました!

でもなぜイーサリアムがここまで高騰したのでしょうか?

その理由は、「ブロックチェーンの自由度」「メトロポリス」「トヨタやUFJなどの大企業がEEAに参画」の3つです!

ブロックチェーンの自由度ってどういうこと?」
メトロポリスって何ですか?」
EEAに参画?」

仮想通貨が話題となり、意味もわからず保有している人が多いと思うので、これを機会に少し勉強していきましょう!

ブロックチェーンの自由度

イーサリアムの特徴は、「スマートコントラクト」を取り入れてることです!

スマートコントラクトとは、日本語に直訳すると「賢い契約」という意味です!これだけでは何の話かさっぱりわかりませんよねw

例えば、あなたが家や車を購入する際、必ずサインや印鑑などが必要ですよね?要するにこれが普通の契約になります!

スマートコントラクトは「ブロックチェーン常に契約を記憶させてしまう技術」のことを言います!

このブロックチェーンは改ざんすることが不可能な技術なので、1度契約してしまうとその契約を果たすまではブロックチェーン上に記憶されています!

これが日常に応用されれば、今まで面倒だった手続きも必要なくなります!

ビットコインはブロックチェーン上に記憶しておくことができないので、ブロックチェーンの自由度が高いのはイーサリアムの方だと言えます!

その証拠に、スマートコントラクトの技術を求めて多くの企業がイーサリアムと提携しています!

メトロポリス

「メトロポリス」だけ見ても何のことかさっぱりわかりませんよねw

  1. フロンティア
  2. ホームステッド
  3. メトロポリス
  4. セレニティ

以上のように段階を踏んでイーサリアムはアップデートしていきます!

2017年8月現在はホームステッドです!
要するに発展途上ということです!

仮想通貨はクラウド上で管理されているため、仕様変更することが非常に難しいとされています!中央銀行のように統括してくれる機関がないため、仕様変更の同意を集めることはほぼ不可能とされています!一歩間違えれば、仮想通貨の信用を失い、価格は大暴落しかねません!

その点、イーサリアムは段階的にアップデートを告知することで、試行錯誤しながら安定版に向けて開発しているので安心して見守っていられます!

具体的にメトロポリスにアップデートすることでどのようなことが変更されるのか?
以下の4つにまとめてみました!

  1. プライバシーの保護強化
  2. スマートコントラクトの簡略化によるコスト削減
  3. セキュリティ強化
  4. マイニング方式移行の準備(POW→POS)

思い切った変更はなさそうですね!

このように、アップデートを段階的に告知しているので、顧客も期待して値上がりが起きているわけですね!

トヨタやUFJなどの大企業がEEAに参画

EEAとはEnterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)の略称です!要は、国際企業連合にトヨタやUFJなどの大企業が参画したのです!

ここ最近でイーサリアムは一流企業に注目されるようになり、EEAの参画メンバーもすごいことになっているみたいです!

これも、スマートコントラクトがビットコインを凌駕しているおかげかもしれません!

今後、EEA参画メンバーが増えれば増えるほどイーサリアムの注目度は上がり、それと比例して価格も上がるかもしれませんね!

仮想通貨の価格は「期待」 で上がりますから!

まとめ

  1. ブロックチェーンの自由度
  2. メトロポリス
  3. EEAに加盟

この3つがイーサリアムの価格を高騰させた原因だと私は思っています!

7月の荒れ相場でどの仮想通貨を保有しているのがいいかわからなくなっている人も多いのではないでしょうか?今後に期待ができるイーサリアムの購入を検討してはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください