ブログへの滞在時間が長いとなぜGoogleに評価されるのか?

ブログでアフィリエイトやアドセンスをしている人なら気になってしまう「滞在時間」について、今回は掘り下げていきたいと思います。

そのためにも「Google Analytics」について知っておく必要があります。

前半は、「Google Analytics」の説明、用語の意味などを解説し、後半には「なぜGoogleに評価されるのか?」について解説していきます。

「Google Analytics」とは?

Google Analyticsとは、Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

Analytics(アナリティクス)とは「分析論」を意味しており、「サイトへの訪問者数」「1ページあたりの訪問数」「リアルタイムでサイトを訪れている人の数」など様々な機能が備わっており、自身のブログをお持ちの方やサイトを運営されている方にとって、必須とも言えるアクセス解析ツールです。

Googleのアカウントを取得すれば、無料で利用することが可能です。また、Google Analytics導入後も広告バナーなどの類は一切表示されませんので、サイトデザインやちょっとしたストレスなど気にせず利用することができます。

「サイト滞在時間」とは?

サイト滞在時間とは、文字どおり、あるユーザーがどれだけそのサイトに滞在したのかを表しています。ただ、正しく理解するためにはGoogleさんがどのような方法でデータを収集しているかを理解する必要があるので、確認していきましょう。

「サイト滞在時間」は、各ページの滞在時間の合計となっています。そして、「ページの滞在時間」はユーザーのページ閲覧開始時から、次のページの閲覧開始時までの差を表しています。

ここでお気づきになられたでしょうか?なぜ、ページ閲覧終了のタイミングを計測していないのか?「開始から終了まで」ではないということを注意しておきましょう!

例えば、あるユーザーがページAを見たとして、次のページを見ずにブラウザを閉じた場合、計測することができないため、ページAの滞在時間は0になります。このように、私たちが思っている滞在時間の計測方法とは少し異なっているので注意し対策もしましょう。

対策方法はこちら

「直帰率」とは?

Google Analyticsを利用したことある方なら「直帰率」という言葉は耳にしたこと、目にしたことあると思います。

直帰率とは、1ページしか閲覧されなかったセッションの割合のことです。

ピンとこない方もいると思いますが、簡単にいうと、1ページの閲覧のみでサイトを離脱sてしまった割合のことを直帰率といいます。この場合、上記通り、滞在時間は0になります。

滞在時間が長いとなぜGoogleに評価されるのか?

まず、Googleさんに評価されることがサイトのPVを増やす上で最も大切だということを念頭におきながら考えていきましょう。

サイトのPVを増やしたい時みなさんはどうしますか?「記事をたくさん書く」「SNSで拡散する」もちろん大切なことです。しかし、一番大切なことは、自分の狙っているキーワードを検索した時に上位に自分のサイトが表示されることです。これを実現させるために「滞在時間」が必要になってくるのです。

どういうことかというと、滞在時間が長いサイトを発見したGoogleさんは「このサイトはみんなに役立つ情報を発信している」「みんなへの需要がある」と判断します。その結果、検索エンジンの上位に表示されるようになります。

そうなるとPV数も格段に上がり、アドセンス・アフィリエイト収入も上がります。

まとめ

駆け足で説明してきましたが、お分かり頂けたでしょうか?

滞在時間を長くすることは、サイト・ブログの収益に直結します。

成果を出すためには、「有益な情報提供とサイトデザイン」を重視して作ることを意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください