撮影に必須!三脚選びもYouTuberは気を抜けない!オススメ三脚はこれだ!

YouTuberの動画撮影において欠かせないのが「三脚」です。1人で撮影から編集まで行うYouTuberならカメラを固定しておく三脚は必須なのです。

他にも三脚が必要な理由から、オススメの三脚までをまとめて書いていきます。

三脚が必要な理由

ビデオカメラや一眼レフカメラなど手持ちで撮影する人も多いですが、YouTuberは動画を安定させるために固定することがオススメです。そのためにも三脚は必須なのです。

三脚を使う理由は以下の2つです。

手ぶれを抑える

最近のカメラは手ぶれ補正機能が優れているため、普通に撮影するだけでしたら比較的手ぶれを抑えて撮影することはできます。

しかし、それだけでは限界があり、素人が撮影したような映像になってしまいブレが気になり、見づらい動画になってしまいます。

逆に三脚を使えばそれだけで、ブレは大幅になくなり映像の品質を向上させることができます。

ですので、どうしても手持ちで撮影しなければならない状況でない限りは三脚を使うようにしましょう。

カメラを固定する

これはYouTuber特有の考え方ですが、1人で自撮りをすることが多いYouTuberはカメラを固定するために三脚は必須になります。

三脚にカメラを固定して、その前で喋ったり、商品レビューしたりする撮影方式です。この場合、カメラを固定するためだけに三脚を使用するので、高価な三脚は必要ありません。安い三脚だと、数百円~数千円で購入することもできるので、YouTuberとして本気で活動するのであれば1本は持っておきましょう。

三脚を選ぶときのポイント

三脚といっても種類はたくさんあり、どれを買っていいかわからないという人もいるでしょう。そのような人は以下のポイントに気をつけましょう。

高さ(最高全長)

一般的な三脚だと100cm~170cmまでの高さになります。使用用途や撮影シーンなどによって、どのくらいの高さの三脚が必要かは異なってきます。

例えば、室内で座っている人を撮影する場合は高さは必要ありません。逆に屋外で立っている人の顔と同じ目線で撮影したいのであれば、その分の高さを考慮して三脚を選ばなければなりません。

積載重量

三脚にはどのくらいの重さに耐えられるかが決まっています。

重量が1kg以下のミラーレスカメラなどは、積載重量が1kgの三脚を使用すれば問題ありませんが、大きいレンズをつけた一眼レフカメラなどを使用するなら、積載重量が2~3kgの三脚を選びましょう。

水準器

水準器とは、水平になっているか確認することができる器具です。水準器が付いている三脚だと、わざわざ水準器を購入することもなく、簡単に水平になっているか確認できるので便利です。

最近では、カメラ自体に水平かどうか確認できる機能が付いているカメラもあるので、必ずしも水準器や水準器付きの三脚が必要というわけではありません。

本体重量

三脚自体の重さも三脚選びでは大事なポイントです。三脚を持ち運ぶ必要のない方には関係ありませんが、屋外の撮影などで持ち運ぶ人は、なるべく軽い三脚を選びましょう。

ただし、三脚自体が軽すぎると安定性が欠けてしまうので、自分のスタイルにあった三脚を選ぶようにしましょう。

クイックシュー

クイックシューとは、カメラと三脚の間に使用するもので、これをカメラに付けておくことで、三脚への取り外しがスムーズになります。

最近の三脚には、クイックシューが付いているものが多いので、そこまで気にすることもありませんが、念のため購入の際は確認しましょう。

オススメの三脚

今回はオススメの三脚を2つピックアップしました。

Velbon「EX-540」

日本の三脚メーカーとして有名なベルボンの製品でありながら、アマゾンでの評価も高く、コスパが最強の三脚です。安い値段でありながら、水準器やクイックシューなどの必要な機能は備わっており、三脚自体もしっかりしています。2kg以下のカメラを使用しており、単にカメラを固定できればいいという方は、こちらの三脚がベストです。

あまりにも安すぎる三脚だと、不安定だったり、雲台がガタガタして使いづらかったりします。せっかく三脚を買ったのに、使用感に満足行かず、三脚を使わなくなっては本末転倒なので、迷ったらこれを買うことをオススメします。

Velbon「EX-547」

こちらの三脚は少し特殊で、オイルフリュード雲台というものが使われており、カメラがヌルヌルと滑らかに動かすことが可能な三脚です。単にカメラを固定するだけではなく、躍動感のある動画などを撮影することができます。

少し値段は高くなりますが、実際にオイルフリュード雲台はテレビ業界などプロの現場では、標準的に使用されているので、映像にこだわりたい方にオススメします。

まとめ

三脚も使用する用途によって選ぶものが変わってくるので、自分がどのような動画を撮りたいのかを今一度考えてから購入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください